どんな古銭が買い取り対象なの?

買取対象外となる駄目なもの

基本的にどんな古銭でも買取対象になりますが、偽造古銭または模造古銭は買取対象外です。金貨銀貨には偽造品や模造品が多く、これらは買取れません。エラーコインなどの珍品に見せかけた変造品も駄目です。また、極端に損傷を受けたものや極端に錆びたものは、買取対象外になる可能性があります。ただし、皇朝十二銭のような非常に古いものは、錆の塊として出土するものばかりで、この種のものは錆があって当然のものですから、錆だらけでも買取対象です。
錆のある古銭を、薬品や磨き砂などで自己流で磨き上げると、価値はむしろ減少します。洗浄するにしても、水洗い程度に抑える必要があります。墨書のある大判は、水洗いすら厳禁です。どんな古銭でも、ピカピカに磨き上げることで、価値が高まるようなことはありません。特に注意すべきは、江戸時代の大判小判や二分判金などの金貨で、磨くことで純度の低い地金が出て、黄金色が鈍くなります。これらは、製造時に「色揚げ」と呼ばれる発色を良くする表面加工が施されているためです。

こんな古銭が高く買取られる

エラーコインはプレミアムが付いて高く評価されます。現行貨幣でも、稀に製造エラーがあり、高価で取引されます。5円玉や50円玉の穴の位置が大きくずれているもの、刻印が水平方向に大きくずれているもの、表裏で刻印の角度が大きくずれているもの、片面に刻印のないもの、その他、様々なエラーがあり得ます。エラーの程度が小さい場合、プレミアムの度合いも小さくなります。
製造数の少ない年号の古銭、保存状態の良い極美品の古銭、これらも稀少性があるためプレミアムが付きます。記念コインもこれまでに数多く発行されていて、売買は盛んです。保存状態の特に良い未使用極美品の記念硬貨は、並品よりも高額評価になります。ただし、記念硬貨は、大事に保存されていることが多く、高額評価になるには、相当な美品であることが必要です。

© Copyright Coin Review. All Rights Reserved.